1986年奨学金を獲得し、バークリー音楽大学に留学。在学中にデルフィーヨ・マルサリスのバンドに在籍し全米各地のジャズフェスに出演。 NYでの活動後、1990年に帰国。

大坂昌彦・原朋直クインテットを結成。アルバム 6枚をリリース。うち 2枚がスイングジャーナル誌でゴールドディスクに選定される。一方、日米混合バンド、ジャズネットワークスでもアルバム 4枚をリリース。
単独リーダーアルバムもリリースしており、3枚目の 「Walkin' Down Lexington」 はスイングジャーナル誌で制作企画賞を受賞する。 4枚目のアルバム 「Cross Fade」 録音時には MBS 放送でドキュメンタリー番組を制作、放送される。 2004年、2006年と「東京ジャズ」に出演。同年、上海ジャズにも出演。 2008年に 7年ぶりとなるリーダーアルバム 「Hommage」 を発表。本作でコラボレートした自動車メーカー AUDI のイベント 「music meets art」 に 2008、2009年と出演。 2010年に 「Funky 7」 をリリース。 2011年に休刊したスウィングジャーナル誌では 16年間の長きに渡り、ドラム部門人気投票で 1位に選ばれ続けた。

2011年には台中ジャズに出演。2012年に 8枚目となる 「assemblage」 を発表。
プロデュース作も多く、 2014年にプロデュースした「ジャズ・シネマ・パラダイス」はハイレゾ配信サイト e-onkyo にて長期間 1位にランクされ、業界の話題となる。 2015年には「東京プレミアム・ジャズ・セッション」。 2016年にはシリーズ第三弾の「ジャズシネマ・ファンタジー」がジャズジャパン・アワードを受賞。

サイドメンとしても 100枚を越えるジャズのアルバムに参加している。

現在は Aseemblage、EQ、Scene of Jazz、サムライ・ビバップ・トリオ、F.E.J.E.、trio vintage 等のレギュラーグループで精力的に活動している。

1996年より洗足学園音楽大学の非常勤講師を務め、 2012年客員教授に就任。




Unit / Group

the MOST
  メンバー : 多田誠司 上村信 大坂昌彦 片倉真由子

EQ
  メンバー : 納浩一 小池修 青柳誠 大坂昌彦

Scene of Jazz
  メンバー : 大坂昌彦 石井彰 安カ川大樹

SAMURAI BEBOP TRIO
  メンバー : 納谷嘉彦 俵山昌之 大坂昌彦



Instruments

YAMAHA メイプルカスタム
18×14ベースドラム両面コーティングアンバサダーヘッド
12×8タム両面コーティングアンバサダーヘッド
14×14フロアタム両面コーティングアンバサダーヘッド
14×5半スネアドラム打面コーティングアンバサダーヘッド
K Zildjian 22.20. HH14

YAMAHA YCSMO2 大坂昌彦モデル
希望小売価格: 1,600 円(税抜)